意外と難しいダイニングチェアの選び方

LDKが一般的となった現在では、部屋全体の雰囲気に合った家具を選択することが求められるようになりました。そんな家具で意外と難しいのがダイニングチェアの選び方です。ダイニングは家族が集まる場所で食事時以外にも利用するシーンが多いのがダイニングです。また、来客など家族以外の人が来た場合にも使うことがあり、ダイニングチェアは重要な位置づけとなっています。部屋に入った時に最も目につく場所であり、部屋の雰囲気を決めるチェアはコンセプトを決めて選ぶことが求められ、機能性やデザイン性、誰が使うのかなど、生活の用途として様々な場面で使われるため、選ぶ際にはこれらの全てを重視することが必要になってきます。普段利用するのは家族であるため、年齢に合わせたものも必要で、買い替えなど選択する際に悩ましい点が多くあります。

デザイン重視か機能性重視か統一感か

ダイニングチェアは生活する人の人数も大きく影響されています。子供を含む家族分揃えるとなると、4脚必要になり、統一感を持たせて全て同じにするか、色をあえて変えるなど好みのスタイルを選択することもでき、ダイニングの雰囲気に合わせたイメージをすることが求められます。デザイン重視にすると、値段が高かったり、機能性があまりないものになってしまうこともあり、実際に目で見るのとイメージしたのと異なるなど難しい点が多くあります。また、実際に使用してみると使い勝手が悪かったり、革のある素材にすると初めはいいけど、長い間利用していると、革がはがれてきたり劣化が著しいものがあります。こうした点を見るとなかなか選ぶのが難しいですが、最初は思い切って選択するものポイントになってきます。

長く使うのであれば調整できるものが良い

ダイニングチェアは一度購入すると壊れるまで使用する、ボロボロになるまで長い間お世話になる場合もあれば、短期間で交換を目的として価格を抑えたものにするかそれぞれの選択方法があります。通常は長い目で見て機能性を重視したタイプを選びますが、長い間毎日使用するものなので、劣化するのも早いのが実情です。長く利用するのであれば、高さ調整ができるものを選択すると良いでしょう。これは実際に購入した時にはテーブルの高さにちょうと良くても、テーブルを買い替えた場合に、椅子の方が高さ調整できないと、座りにくくなってしまったり、子供がいればなおのこと、高さ調整機能があった方が良いでしょう。素材を張り替えることができるものなど長く使用していく上で、雰囲気を調整できるものも良い選択肢です。

お客様の理想の空間を3Dシュミレーションで実現。日本人の体格に合うように、職人により考え抜かれ作り出された椅子は、抜群の座り心地をお約束します。木を知る熟練の職人が原木での仕入れを行い、製材立会い・乾燥・木取りなどすべて自社で行っています。お部屋の間取りに合わせたご相談も随時承ります。熟練の職人による日本の伝統工法を応用した木組みは、高い耐久性を持ち合わせています。職人の作り出す【家具蔵】のこだわりダイニングチェアはこちら